停滞ムード吹き飛ばした小畑優奈のセンター大抜てき

【SKE10周年記念座談会(4)】停滞ムード吹き飛ばした小畑優奈のセンター大抜てき
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1143181/


 10周年で盛り上るSKE48だが、ここまでずっと右肩上がりだったわけではない。3期生・松村香織(28)、6期生・熊崎晴香(21)、7期生・小畑優奈(16)、8期生・北川愛乃(17)による「10周年記念座談会」第4回ではSKEの低迷時期に言及。グループを覆っていた暗いムードを払拭したのは新センター・小畑の登場だった。

 ――2014年2月のナゴヤドームコンサートを成功させたSKEだが、その直後に行われた「AKBグループ大組閣」のころから少し停滞ムードが漂い始めた

 松村:ファンの人もナゴヤドームで少し燃え尽き症候群みたいになったんじゃないかな。また、AKBグループ大組閣で同期の(木崎)ゆりあがAKBに移籍したのは個人的にすごく残念でした。当時は(松井珠理奈と松井玲奈に次ぐ)SKEの3番手で、センターも狙えるところまできてたと思うから。

 熊崎:大組閣では(松井)玲奈さんも乃木坂46さんと兼任になりましたよね。大組閣でわたしは正規メンバーに昇格しました。でも先輩たちの移籍や兼任の話題がすごすぎて、私たち6期生の昇格が全くファンの方たちの印象に残らなかったのは悲しかったです。

 松村:15年8月に松井玲奈さんは卒業されたけど、そのちょっと前ぐらいからSKEはそれまでの勢いがなくなっていったような気がする。

 小畑:15年の3月にわたしたち7期生はSKEに合格したんですけど、その時期が(グループが)一番暗かったってよく言われますね。先輩たちもみんなどうしようという感じで。
全文はこちら













ゆななは偉大だなぁ😍

かおたん「またクライアントさんがSKEのことを好きになってくれたりすることも多い」

素晴らしい👏🏻ぜひ全文を!









BOMB!(ボム!) 2018年 11 月号 [雑誌] 学研プラス 2018-10-09 Amazon




カテゴリ:未分類
タグ:


コメントを書く

・本文

最近の投稿